Excel

「改ページプレビュー」を使って、エクセルで印刷がズレるのを直す方法

エクセルで印刷のズレを直す方法

エクセルで印刷いた際に、1枚に収めたいのに、2枚で印刷されていまったり、印刷がズレてしまったりと、上手くいかないことが多々あります。

今回はエクセルの「改ページプレビュー」の機能を使って、エクセルで印刷がズレてしまうのを直す方法について解説していきます。

印刷範囲がズレてしまう場合

顧客データ

今回は上記の表を印刷していきます。

まずは、
Ctrl
+
P
で印刷プレビューを見よう!

印刷プレビュー

Ctrl
+
P
 を押すことで、上記のような、印刷プレビューが表示されるので、印刷した際のイメージを確認できます。

エクセル 印刷プレビュー

印刷プレビューを確認したら、全て1ページで印刷をしたいのに、住所から右が入りきらずに違うページに印刷されてしまっています。

そのため、住所から右の欄も全て、1ページにまとめて印刷できるような作業を行っていきます。

改ページプレビューで印刷範囲を変えよう!

「改ページプレビュー」の機能をつかえば、印刷範囲を変えることができます。

「改ページプレビュー」の使い方について解説していきます。

「表示」を選択し、「改ページプレビュー」を押す

改ページプレビューを表示させる
  1. 表示」を選択する
  2. 改ページプレビュー」を押す

まずは、「表示」を選択し、「改ページプレビュー」を押して、「改ページプレビュー」の画面を表示させます。

印刷範囲を設定する

改ページプレビュー

青い点線の範囲」が現在の印刷する範囲になので、印刷したい範囲まで「青い点線」をドラッグします。

青い点線ドラッグ

青い点線」をドラッグすることで印刷範囲を変えることができます。

印刷範囲を変更したら再度、印刷プレビューで正しい印刷範囲になっているかを確認をして、印刷を行いましょう。

「改ページプレビュー機能」を使用することで、1枚に収めて印刷をしたり、印刷のズレを修正することができます。

エクセルを勉強したい方はこちらの本がオススメです。実際に業務で使えるエクセルの使用方法が学べます。