大企業

大企業辞める勇気がない人へ、辞めても後悔しない人の共通点5選

大企業辞めても後悔しない人の特徴
アイコン名を入力

こんにちは!

むーさん(@musanblog)です!

私は大手鉄道会社で5年間勤務した後にベンチャー企業へ転職しました。

転職する前はいろんな不安がありましたが、結果転職して正解だったと思っています。転職する前はこんな不安がありました。

・せっかく大企業に入ったのに辞めたら、もったいないかな(安定してるから)

・転職失敗したらどうしよう

・転職して、キャリアアップできるか不安(年収も上がらない、スキルもつかない)

こんな不安がありましたが、大企業を辞めてからはなんでこんなに不安になっていたんだろう?もう1年早く転職すれば良かったと思うほどでした。

私の周りにも、大企業辞めた人もいますが、辞めて良かったという人もいれば、辞めなければ良かったと後悔する人もいます。

今回は大企業を辞めて後悔しない人の共通点についてまとめました。

職場の上司、先輩の姿をみて、こうはなりたくないと思う

大企業 上司

大企業であれば、将来の自分の年収、ライフスタイルを知りたいと思ったら、職場の上司や先輩の姿をみるのが一番早いです。

当たり前ですが、自分の30代の姿、40代の姿を知りたいなら単純に職場の30代、40代の先輩、上司を見れば給与水準、ライフスタイルを知ることができます。

私は大企業に5年勤めていましたが、職場の上司や先輩のようになりたい、きらきらしてるなあと思えたことは一度もありませんでした。

口を開けば会社、上司の愚痴ばかり言ってる先輩、大企業であることをいいことに全く仕事ができないのにえらそうな先輩、結婚してお小遣い少ないと愚痴を言っている先輩など・・

もちろんこんな人ばかりではありませんが自分が将来、この給与水準、ライフスタイルで30代、40代で幸せになれる未来がみえませんでした。

自分の職場の上司を見てワクワクしない、こうはなりたくないと思うなら、転職しても後悔はしないでしょう。そのまま働いていても必ず、上司や先輩の給与水準、ライフスタイルになるわけなので・・

逆にこんな先輩になりたい、きらきらしてるなあという先輩、上司がいる会社であれば、辞めたら後悔する危険性ありです。

成長意欲が高い人

成長意欲 向上心

職場では積極的に仕事を覚え、誰よりもよく働き、プライベートでも本を読みインプットをするなど成長意欲が高い人は大企業を辞めても後悔しないでしょう。

出世欲が強い人、稼ぎたい人など、成長意欲が高い人は仕事に対してまじめで、よく働き、よく勉強する人が多いのですが、そういった人はどんな環境であっても適用できるのでたとえ大企業辞めても、転職先の環境でも適用できるし、結果を残せるでしょう。

私もとにかく出世したいし、稼ぎたいというタイプだったので、仕事は誰よりも積極的に取り組みますし、プライベートでもビジネス書を読みまくっていました。

このスタンスで仕事に取り組んでいたので、ベンチャーの営業へ転職した今も仕事に対しての姿勢は評価されますし、営業の成績は最初はすこぶる悪かったですが、本を読んで、誰よりも働いた結果、数ヵ月で平均以上の数字まで回復することができました。

成長意欲が高い人は、みんなが飲みに行ってる間に本を読んでインプットしたり、働いているタイプなので、大企業でももちろん出世できるし、ベンチャーや中小でも結果を残せるので結局、どんな環境でも結果をだせるので大企業辞めても後悔することはないでしょう。

明確な目標、目的があって、辞める

キャリアアップ ビジョン

大企業を辞めても後悔しない人は明確な目標、目的があり、この目標、目的を達成するには大企業では成し遂げられないから辞めると明確な理由があり辞めています。

明確な目標、目的があって辞めているので後悔しないですし、自分の好きなことをできるなら失敗しても仕方ないというマインドをもっている人しか基本的に大企業を辞めないので後悔することはないでしょう。

逆に特に理由もないし、やりたいことないけど大企業をなんとなく辞めるというのは後悔してる人しかみたことないので、非常に危険で後悔する可能性大なのでやめときましょう。

プライベートより、仕事を優先してガツガツ働きたい

仕事 大企業

大企業は福利厚生が優れているので、休日も確保されているし、有給をしっかりととれるので、プライベートにつかう時間が多いです。

そのため、大企業であれば休日や有休があるので旅行や趣味に使う時間があり、プライベートを充実させることができます。

しかし、中小企業やベンチャーであれば、好きなタイミングで有給を消化できなかったり、業績が悪かったら、休日も出勤したりとプライベートよりも仕事への比重が強くなりやすいです。

ばりばり仕事をしてキャリアアップをしていきたいという人ならいいですが、趣味につかう時間が欲しいですとか、年1回は海外旅行行きたいですとか、プライベートの比重を高くしたい人は大企業をやめると後悔する場合が多いでしょう。

私も大企業から、ベンチャー企業へ転職して一番強く感じたギャップは大企業のプライベートへ使える時間の多さです。

大企業で働いていたときは、有給を7日間連続でとって、海外旅行へ行ったりできましたが、ベンチャー企業では冠婚葬祭でしか、有給を使えない場合が多いので、プライベートに使える時間が大企業に比べ非常に少なくなりました。

私自身はバリバリ仕事をして、どんどんキャリアアップをしていきたいと思っているので、プライベートよりも仕事の比重を高くしても苦じゃないですがプライベートも充実させたいと思っている人は事前に転職する会社の有給のとりやすさや働き方などを調べてから転職しないとギャップを感じて後悔いてしまうでしょう。

転職する場合、未経験の職種じゃない、もしくは20代である

20代で未経験の職種へ転職する場合は給料水準もそこまで大きく変わらないので減ることはあっても、キャリアアップをしていけば、大企業で働いていた時よりも高い給料をもらえる可能性は大きくあります。

また、自分経験してきた職種で違う会社へ転職する場合もキャリアップを狙えますし、給与も上がる可能性も大いにあります。

しかし、大企業から転職する際、30代以降で未経験の職種に転職する場合は注意が必要です。

なぜなら、大企業で30代まで働いていると、大企業の中ではそこそこ出世して中堅くらいのポジションになっているので給与も平均年収以上もらっている場合が多いです。

しかし、30代以降の年齢で未経験の仕事へ転職するということはこれまで蓄積してきた経験を活かせないということなので、ほとんどの確率で年収は下がりますし、福利厚生も大企業よりも充実している訳ではないので、給与と働き方のギャップが大きいので後悔していまう場合が多いでしょう。

以上、大企業辞める勇気がない人へ、辞めて後悔しない人の共通点5選という話題でした。